ホンダ シビックセダン ▲ホンダの基幹車種として1972年に登場したシビックは、今や世界中で販売される人気車種となっている
 

ホンダ シビックセダンの中古車は今

1972年7月に登場したシビックは、現在まで販売が続く長い歴史をもつモデルである。

當初は、2ドアファストバックのみのボディタイプでリリースされたが、直後には3ドアハッチバックが、そして翌年73年にはセダンが追加された。

今回はそんなシビックの中でも、4ドアセダンモデルに絞って紹介する。

初代モデルの途中から追加された4ドアセダンボディは各世代に設定されてきたが、2021年9月にリリースされたばかりの新型モデルは、5ドアハッチバックのみが國內販売されており、シビックのセダンは中古車でしか入手できない狀況だ。

なお、5代目から7代目のシビックに設定されていた4ドアセダンについては、シビックフェリオという車名で販売されていた。

ここではそのシビックフェリオを含め、中古車として流通している4代目以降のモデルの特徴や中古車相場について紹介する。
 

▼検索條件

ホンダ シビックセダン × 全國
 

シビックセダン(4代目?EF型)の特徴と中古車相場

■シビックセダン(4代目?EF型) DATA
生産期間:1987年9月~1991年8月
中古車流通量:約5臺
中古車価格帯:―
全長:4230mm × 全幅:1690mm × 全高:1360~1380mm

ホンダ シビックセダン ▲當時の流行だった角ばったボディをもつ4代目シビックセダン。今見ると斬新なデザインだ

■シビックセダン(4代目?EF型)の特徴
EF型と呼ばれるこの世代は、當時の流行だった角ばったデザインが特徴的だ。

この世代からシビックは四輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用し、ライバル車よりもスポーティなイメージが強かった。

しかし、セダンというキャラクターもあってかこちらはそこまで過激なものではなく、マイナーチェンジ時にハッチバックモデルに追加されたVTECエンジン仕様も用意されていない。
 

ホンダ シビックセダン ▲シビックセダン(4代目)のインテリア

■シビックセダン(4代目?EF型)の中古車相場
最も新しいものでも1991年式と30年が経過したモデルということや、ハッチバックよりも実用的なセダンということもあって、執筆時點での掲載臺數はわずか5臺以下。

流通している物件は、スタンス系といわれるカスタマイズが施されており、価格も200萬円に迫るものということで一般的にはオススメしにくいもの。

そもそもすでに舊車と呼べる年式となっているため、車両の狀態やカスタマイズの內容で価格が大きく変化し、相場らしい相場はないというのが現狀となっている。
 

▼検索條件

ホンダ シビックセダン(4代目?EF型) × 全國
 

シビックフェリオ(初代?EG型)の特徴と中古車相場

■シビックフェリオ(初代?EG型) DATA
生産期間:1991年9月~1995年8月
中古車流通量:約10臺
中古車価格帯:40萬~470萬円
全長:4395mm × 全幅:1695mm × 全高:1375~1395mm
 

ホンダ シビックフェリオ ▲安全面の拡充が図られたシビックフェリオ(初代)

■シビックフェリオ(初代?EG型)の特徴
5代目シビックの4ドアモデルは、新たに「フェリオ」のサブネームが與えられた。

基本コンセプトは従來型と同じく、シビックの4ドアセダン版といった立ち位置だったが、この世代ではハッチバックモデルにはなかった4WDモデルがラインナップされている。

また、先代ではハッチバックのみに設定されていたDOHC VTECエンジンを搭載したスポーツグレードの「SiR」が設定された。フェリオの中ではこのグレードのみがリアシートもバケットシート形狀となっていて、乗車定員が4名である(その他のグレードはすべて5名)。

搭載されるエンジンはハッチバックと共通で、1.3L、1.5L、1.6Lの排気量が用意され、グレードによって仕様に差異が與えられていたのも同様である。
 

ホンダ シビックフェリオ ▲シビックフェリオ(初代)のインテリア

■シビックフェリオ(初代?EG型)の中古車相場
すでにデビューから30年が経過しクラシックカーの領域に突入しているだけに、新車価格を上回る200萬円超の物件もある。

全日本ツーリングカー選手権に參戦していたモデルということもあり、レーシーなカスタマイズがなされた「SiR」が大半を占める。予算の目安は170萬円~というところだ。

數は少ないが、1.5Lエンジンを搭載した量販グレードも流通しており、こちらは総額100萬円を切るものも存在している。
 

▼検索條件

ホンダ シビックフェリオ(初代?EG型) × 全國
 

シビックフェリオ(2代目?EK型)の特徴と中古車相場

■シビックフェリオ(2代目?EK型) DATA
生産期間:1995年9月~2000年8月
中古車流通量:約20臺
中古車価格帯:40萬~230萬円
全長:4450mm × 全幅:1695mm × 全高:1390~1405mm
 

ホンダ シビックフェリオ ▲ボディサイズの拡大で室內の快適性が向上したシビックフェリオ(2代目)

■シビックフェリオ(2代目)の特徴
1995年9月に登場した2代目シビックフェリオ(シビックとしては6代目)は、5ナンバーサイズをキープしながらも先代よりもボディが大型化された。

メカニズム的には先代モデルと同じくパワートレインなどはハッチバックモデルと共通で、フェリオにのみ4WDモデルが用意されるのも先代同様。

ただ、DOHC VTECエンジンを搭載するスポーツグレードの「Si」および「Si II」も、他のグレードと同じく5名乗車に改められた。

98年9月のマイナーチェンジのタイミングで、1.5L SOHC VTECエンジンを搭載した「Vi」に「Si」同等のエクステリアと足回りを移植した、「Vi-RS」という新たなスポーツグレードが追加されている。
 

ホンダ シビックフェリオ ▲シビックフェリオ(2代目)のインテリア

■シビックフェリオ(2代目?EK型)の中古車相場
実用セダンとして多くの臺數が販売された2代目シビックフェリオだが、現在は20臺ほどしか流通していない。

中でもスポーツグレードの「Si」系は、5臺前後とかなり選択肢は限られる。

元々の販売臺數が少ないこともあり、走行距離10萬km以上の物件でも200萬円前後の価格となっている。

一方、比較的安価なのは、実用車として使われてきた1.5Lモデル。こちらは50萬円以下のものも存在している。

ただ、アメリカでも人気だったということで、USカスタムを施されたものも多く、そちらは1.5Lモデルでも総額100萬円以上の価格となっているようだ。
 

▼検索條件

ホンダ シビックフェリオ(2代目?EK型) × 全國
 

シビックフェリオ(3代目?ES型)の特徴と中古車相場

■シビックフェリオ(3代目?ES型) DATA
生産期間:2000年9月~2005年8月
中古車流通量:約10臺
中古車価格帯:30萬~100萬円
全長:4435mm × 全幅:1695mm × 全高:1440~1460mm
 

ホンダ シビックフェリオ ▲プラットフォームはハッチバックと共通だが、セダン然としたスタイリングとなったシビックフェリオ(3代目)

■シビックフェリオ(3代目?ES型)の特徴
3代目となるシビックフェリオは、2000年9月ハッチバックモデルとともに登場。

先代までは、ハッチバックのリアセクションをセダンにしたという感じのルックスだったが、この世代では正統派セダンの形狀となっており、明らかに異なる見た目となっている。

後に追加される3ドアボディの「タイプR」を除き、先代のようなホットモデルは存在していない。

2003年9月までの前期型には、「RS」というスポーティグレードがあったが、搭載されるエンジンは130psを発生する1.7LのSOHC VTECであり、先代の「Si」系と比べると物足りないものだった。

また、ベーシックなグレードに設定されていた1.3L仕様も廃止され、ラインナップは1.5Lと1.7Lのみとなっている。
 

ホンダ シビックフェリオ ▲シビックフェリオ(3代目)のインテリア

■シビックフェリオ(3代目?ES型)の中古車相場
先代のようなホットモデルも存在しないこともあり、掲載臺數は10臺程度とかなり少ない。

ただ、それだけにほとんどの物件が、総額100萬円以內で購入することができる。

前期型のみに設定されていた「RS」の5速MT仕様は5臺弱で、1.5Lモデルについてもほとんどが5速MTとなっている。
 

▼検索條件

ホンダ シビックフェリオ(3代目?ES型) × 全國
 

シビックハイブリッド(初代?ES型)の特徴と中古車相場

■シビックハイブリッド(初代?ES型) DATA
生産期間:2001年12月~2005年8月
中古車流通量:0臺
中古車価格帯:―
全長:4455~4470mm × 全幅:1695mm × 全高:1430mm
 

ホンダ シビックハイブリッド ▲當時、5人乗り量産ガソリン車としては世界最高の燃費をマークした初代シビックハイブリッド

■シビックハイブリッド(初代?ES型)の特徴
3臺目のシビックフェリオをベースとした派生車種として、2001年12月に登場したシビックハイブリッド。

當時のインサイト(初代)に搭載されていた「Honda IMA(インテグレーテッド?モーター?アシスト)システム」をベースに、より高効率化した「新Honda IMAシステム」を搭載。

エンジンもインサイトよりも大きな直列4気筒1.3Lエンジンを組み合わせたパワートレインで、當時、29.5km/L(カタログ値)の5人乗り量産ガソリン車世界最高燃費を実現した。

基本的なルックスはシビックフェリオ(3代目)と共通だが、各部に空力性能向上のための専用エアロパーツを採用し、空気抵抗を抑えるために車高を10mmダウン。

専用デザインのアルミホイールを裝著するなど、細かな意匠変更がなされている。
 

ホンダ シビックフェリオ ▲シビックハイブリッド(初代)のインテリア

■シビックハイブリッド(初代?ES型)の中古車相場

殘念ながら、執筆時點では中古車の流通がない。

ガソリン車の量販グレードよりも50萬円以上高い価格も影響し、そもそもの販売臺數が少なかったことと、デビューからすでに20年が経過していることも相まって“超レア車”となっている模様。

初代シビックハイブリッドを狙うのであれば、根気強く探し続けることはもちろん、購入後にはハイブリッドの駆動用バッテリーのメンテナンスなども考慮しなければならない時期と言えそうだ。
 

▼検索條件

ホンダ シビックハイブリッド(初代?ES型) × 全國
※流通狀況により掲載物件がない場合があります
 

シビックセダン(8代目?FD型)の特徴と中古車相場

■シビックセダン(8代目?FD型)DATA
生産期間:2005年9月~2010年8月
中古車流通量:約30臺
中古車価格帯:20萬円~140萬円
全長:4540mm × 全幅:1750~1755mm × 全高:1440mm
 

ホンダ シビックセダン ▲セダンのみのラインナップとなった8代目シビックはタイプRを前提とした開発が行われ、高剛性ボディを誇る

■シビックセダン(8代目)の特徴
「シビックフェリオ」が3世代存在したことで、実質的には8代目となったFD型シビックセダン。

ボディサイズを拡大し、3ナンバーボディとなったのが特徴だ。これにより搭載されるエンジンも排気量がアップ。

當初は1.8Lと5速ATもしくは5速MTの組み合わせだったが、2006年4月には2Lモデルが追加されている(こちらは5速ATのみ)。
 

ホンダ シビックセダン ▲シビックセダン(8代目)のインテリア

■シビックセダン(8代目?FD型)の中古車相場
セダン不遇の時代に登場したモデルということもあり、掲載臺數は25臺ほどと少なめ。

車両本體価格20萬~30萬円臺の比較的安価な物件も見つけることができるが、同じボディをもつスポーツモデル、シビックタイプRの価格上昇の影響を受けてか、1.8Lの5速MT車は価格が上がってきているようだ。

低走行のMT車では総額100萬円近い価格となっている物件もあり、MT車全般の価格が上昇中であることを考えると今後さらなる上昇の可能性も高い。

そのため、この世代のMT車を狙っている人は、選択肢がある今のうちに行動した方が良さそうだ。
 

▼検索條件

ホンダ シビックセダン(8代目?FD型) × 全國
 

シビックハイブリッド(2代目?FD型)の特徴と中古車相場

■シビックハイブリッド(2代目?FD型) DATA
生産期間:2005年9月~2010年12月
中古車流通量:約40臺
中古車価格帯:20萬~70萬円
全長:4540mm × 全幅:1750~1755mm × 全高:1435mm
 

ホンダ シビックハイブリッド ▲2代目となったシビックハイブリッドはグレードも増え、選択肢が広がった

■シビックハイブリッド(2代目?FD型)の特徴
8代目シビックの登場と同時に発表された2代目シビックハイブリッド。

先代モデルと同じく1.3Lエンジン+モーターという組み合わせだが、エンジンは3ステージi-VTECへと進化。ハイブリッドシステムも、モーターのみでの走行も可能となっている。

さらに大きくなったボディに合わせて、システム出力も約20%アップ。一方で、燃費性能も先代を上回る31.0km/L(カタログ値)を実現している。

モノグレードだった先代に対し、「MXB」と「MX」という2グレードを設定。さらに、2006年9月には最上級グレードとなる「MXST」を設定し、幅広いユーザーのニーズに応えた。
 

ホンダ シビックセダン ▲シビックハイブリッド(2代目)のインテリア

■シビックハイブリッド(2代目?FD型)の中古車相場
新車時には220萬~285萬円ほどの価格だったが、中古車の平均価格は約30萬円と圧倒的な安価となっている。

セダンの人気が高くないという點もあるが、ハイブリッド車はバッテリーが劣化すると大きな出費を覚悟しなければならないという點も影響しているのだろう。

そのため、まずはバッテリー交換が済んでいる物件を狙うのがオススメだ。

バッテリーはこれから先もずっと新品部品が供給されるとは限らないし、プリウスのように圧倒的な販売臺數を誇ったモデルでもないため、リビルド品含め部品の供給狀態は購入前に確認しておきたい。
 

▼検索條件

ホンダ シビックハイブリッド(2代目?FD型) × 全國
 

シビックセダン(10代目?FC型)の特徴と中古車相場

■シビックセダン(10代目?FC型) DATA
生産期間:2017年9月~2020年8月
中古車流通量:約60臺
中古車価格帯:160萬~290萬円
全長:4650mm × 全幅:1800mm × 全高:1415mm
 

ホンダ シビックセダン ▲日本國內ではしばらくの休止期間を経て復活した10代目シビック

■シビックセダン(10代目?FC型)の特徴
8代目シビックが2010年に終売した後に登場した9代目モデルは日本では販売されなかった。その空白期間を経て、2017年9月から日本國內で販売されたのが10代目?FC型だ。

セダンモデルは1.5LターボエンジンにCVTを組み合わせるモノグレードの展開となっていたが、先進安全裝備「Honda SENSING」やノイズリデューシングアルミホイールなど上級グレードに匹敵する裝備が標準となっている(Honda SENSINGはレスオプションも設定)。

2020年1月にはマイナーチェンジを実施し、エクステリアのデザインの小変更やコンビシートの採用などのアップデート、そしてHonda SENSINGの機能強化が図られた。

だが、およそ半年後の8月にはセダンの販売が終了し、後期型はわずかの期間のみの販売となった。
 

ホンダ シビックセダン ▲シビックセダン(10代目)のインテリア

■シビックセダン(10代目?FC型)の中古車相場

販売終了から1年程度ということもあり、70臺ほどが流通している。歴代シビックセダンの中では最も選択肢を確保しやすいモデルだ。

最安値帯は総額180萬~200萬円。このゾーンでもおおむね走行距離は5萬km以下となっていて、Honda SENSING付きの物件も選ぶことができる。

流通臺數の多いボリュームゾーンは総額200萬~250萬円。執筆時點ではディーラーの試乗車や展示車あがりの物件や、登録済未使用車も存在している。

新車販売が終了して1年以上たっているため、これらの物件が増えることは考えにくい。新車に近い狀態の物件を探している人は、今がラストチャンスと言えそうだ。
 

▼検索條件

ホンダ シビックセダン(10代目?FC型) × 全國

※記事內の情報は2021年10月25日時點のものです。
 

文/小鮒康一 寫真/ホンダ
小鮒康一(こぶなこういち)

自動車ライター

小鮒康一(フナタン)

スキマ産業系自動車ライター。元大手自動車関連企業から急転直下でフリーランスライターに。中古車販売店勤務経験もあり、実用車からマニアックな車両まで広く淺く網羅。プライベートはマイナー舊車道一直線かと思ったら、いきなり電気自動車を買ってしまう暴挙に出る。愛車は日産 リーフ、初代パルサー、NAロードスター。